このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 野良ハムスター 2017/05/17(水) 12:54:40.84
    ロシア極東カムチャツカ半島にあるシベルチ火山が16日深夜、9000メートル上空まで噴煙を吹き上げた。極東支部ロシア科学アカデミー付属カムチャツカ火山噴火対応グループ(KVERT)が伝えた。

    KVERTは、「火曜日の深夜にシベルチ火山から火山灰の噴火を計測した。噴煙は9千メートルまで達した。火山の高さは海抜3283メートルだ。火山灰は、火山から北東に36キロの範囲に広がっている」と発表した。

    シベルチ火山は、上空を飛行する航空機にとっては最も危険な火山の一つで、警戒レベルでは赤色となっている。また旅行会社には、火山周辺での観光を組織しないよう観光が出された。

    先に、シベルチ火山で火山活動が活発化し、火山灰が2度噴き上げられた。

    no title

    https://jp.sputniknews.com/incidents/201705173643223/

    【【カム着火インフェルノォォォォオオウ】カムチャッカで噴火 9000メートル上空まで噴煙を噴き上げる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ 2017/04/25(火) 09:10:44.15
     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は24日、無人探査機カッシーニが土星最大の衛星タイタンに接近、重力を利用して軌道を変え土星に向かったと発表した。
    26日には最も内側の輪よりも土星に近い軌道に入り、9月まで観測を継続。その後、落下して13年間の役目を終える。

     タイタンの近くを飛ぶのもこれが最後で、上空約980キロまで接近した際の画像を公開した。

     カッシーニはNASAが欧州宇宙機関(ESA)などと協力し、1997年に打ち上げ。2004年に土星を回る周回軌道に入り、土星の輪や表面を観測した。

    https://this.kiji.is/229388127908691972?c=39550187727945729

    【探査機、土星衛星に最後の接近 カッシーニ13年の活動に幕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ 2017/04/24(月) 18:53:22.27
    東京電力は福島第一原発3号機で来月、宇宙線を利用した原子炉内の調査を始める。来月行う調査では
    宇宙から降り注ぐ宇宙線の一種・ミュー粒子」を利用し、原子炉内の溶け落ちた核燃料=デブリの位置を把握する。
    デブリと特定出来るような調査結果は得られていないが「ミュー粒子」による調査で1号機では、
    デブリが圧力容器にほとんど残っておらず、2号機では大部分が圧力容器の底にとどまっている可能性が高い事が分かっている。
    東京電力は3号機での調査を進めデブリの取り出し方法をことしの夏までに、デブリの取り出しを2021年に始める計画だ。

    http://www.news24.jp/nnn/news86512990.html 

    【ミュー粒子利用しデブリの位置確認へ】の続きを読む

    このページのトップヘ