2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ななしさん 2017/04/11(火) 17:48:11.24
    9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、ダウンタウン・松本人志と武田鉄矢が、ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音の活動再開について言及する場面があった。

    川谷はプライベートでの出来事をきっかけに、昨年12月から音楽活動を休止していた。番組では川谷が今年の5月10日に自粛を終了し、活動を再開させるというニュースが報じられた。

    このニュースに武田は「休んでること自体がおかしいよ。犯罪者じゃないんだから」と語り、「恋の袋小路に入ることはあるんだから」と擁護した。続けて「その時(活動休止中)にどのくらい曲を作るかだよね。この手のことでやっぱりミリオンセラーのヒット曲出さない人は将来ないよ」と持論を展開した。

    そして武田は、「俺らの世界でフォーク・ニューミュージック系で、この手の話題とか、その手のスキャンダル等々で、1年以内に100万(枚)以上のヒット曲出さなかった人は、みんな消えてるもん」と厳しい言葉を言い放っていた。

    これに松本は「すっげーこと言う~怖い~」と、武田の言葉におびえた様子で反応するが、武田は「ここよ、勝負は。関ケ原よ。川谷くんにとっては」と激励していた。川谷の今後の活動に注目だ。

    4/11(火) 17:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00032749-etalent-musi

    【【武田鉄矢】ゲス川谷に忠告!「将来ないよ」その理由にダウンタウン松本も「怖い~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ななしさん 2017/04/12(水) 00:19:19.08
    ロイター2017年 04月 12日 00:05 JST
    http://jp.reuters.com/article/sdf-korea-us-air-career-idJPKBN17D1VX


    [東京 11日 ロイター] - 海上自衛隊が、朝鮮半島の近海に向けて航行中の米空母カールビンソンと共同訓練を検討していることが11日、わかった。

    制裁だけでなく、軍事面でも日米の緊密な連携を示し、挑発行為を繰り返す北朝鮮をけん制する狙い。

    複数の日本政府関係者が明らかにした。「東シナ海、日本海に入ってくるカールビンソンの空母打撃群に、(海自の)護衛艦を数隻派遣する」と、関係者の1人はロイターに語った。

    訓練内容は調整中だが、別の関係者によると、ヘリコプターを相互の艦艇に発着させる訓練や、通信訓練などを想定しているという。

    ロイターは海上幕僚監部の広報室に確認を求めたが、現時点で回答を得られていない。

    米海軍は9日、シンガポールに寄港していたカールビンソンを朝鮮半島の近海に派遣すると発表。米軍関係者はロイターに対し、「存在力を高める必要がある」と狙いを語っていた。

    今月は故・金日成主席の誕生日を15日に迎えるなど、北朝鮮で記念日が続く。米国を含めた周辺国は、核実験などさらなる挑発行動を警戒している。

    菅義偉官房長官は10日の会見で、カールビンソンが東アジアに向かうことについて、「地域の安全保障環境が一層厳しさを増す中、米国の抑止力を確保することが重要だ」と述べた。

    【海上自衛隊、朝鮮半島へ向かう米空母と共同訓練へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ショルダーアームブリーカー 2017/04/10(月) 21:06:54.57
    「お母さんの容体が急変」小学校から女児を誘拐した容疑
    朝日新聞デジタル 4/10(月) 17:58配信

    静岡県警清水署は10日、静岡市葵区瀬名川1丁目、職業不詳佐藤力斗容疑者(24)を未成年者誘拐の
    疑いで現行犯逮捕し、発表した。署は認否を明らかにしていない。佐藤容疑者は小学校の事務室を訪れ、
    女児の父親だとうそを言い、女児を車に乗せて連れ去ったという。

     署によると、佐藤容疑者は10日午前10時45分ごろ、静岡市内の小学校を訪れ、「お母さんの容体が
    急変した」などとうそを言って小学生の女児(7)を誘拐した疑いがある。

     小学校から連絡を受けた母親(32)から話を聞いた自宅近所の住民が110番通報して発覚。
    午前11時ごろ、佐藤容疑者が女児と一緒に交番を訪れたところを現行犯逮捕した。

     女児にけがはなく、無事保護されたという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000051-asahi-soci

    【「娘の母親の容態が・・・娘はどこですか!?」→学校、女児を引き渡す→誘拐でした】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: レッドインク(北海道) 2017/04/09(日) 15:31:50.88
    北朝鮮が暴発した場合に何が起こるのか。政策研究大学院大学の道下徳成教授がミサイル攻撃をシミュレーションした。

     シミュレーションによると、第一段階は金正恩氏による瀬戸際外交。日米に譲歩させるため在日米軍基地のある日本領海に発射し、ミサイル攻撃能力を見せつける。
    第二段階は朝鮮戦争再開。ミサイル発射を受けて、アメリカが予防攻撃に踏み切れば、ソウルを長距離砲などで火の海にして報復。これに対し、
    韓国軍は交戦規定による3倍返しで報復することになる。第三段階は自殺攻撃。金正恩政権崩壊寸前で自暴自棄になった場合、日本の都市をめがけて中距離弾道ミサイル「ノドン」
    数発を同時発射することが想定される。

     最悪のケースは核弾頭を積んだノドンを日本の人口密集地に落とす場合だ。東京が爆心地になった場合は、死者42万人というシミュレーションもあるという
    。日本政府は北朝鮮のミサイル発射に備えてJアラートを使った警報システムを配備している。秋田県では3月17日に避難訓練が実施された。

     ジャーナリストの山口敬之氏は「米中首脳会談後のヒントになるのは、ティラーソン国務長官が『中国が毅然とした行動をしないのであれば、アメリカは単独で行動する』ともう1回言ったこと。
    会談前の牽制ではなく、会談後に言ったというのは、会談で米中が一致しなかったということ」「中国はアメリカが納得できる経済制裁などの締め付けを出さなかったということが明らか」と米中首脳会談を読み解く。

     ジャーナリストの周来友氏は「トランプ氏が1番やりたいのは貿易赤字の是正。(北朝鮮問題は)そのためのカードだと思っている。一方の北朝鮮の目的は体制の維持
    。だからアメリカと単独で話し合いたい」と分析。

     山口氏は周氏のコメントに対し、「それは大統領になる頃までの話。その後は『遅すぎる』と言っている。それ以降、北朝鮮はミサイル発射を始めた。
    トランプ氏と会えると思っていた間は核実験もしていないし、ミサイルも撃っていない」と指摘する。

     拓殖大学大学院特任教授の武貞秀士氏は「3月に北朝鮮の政府関係者とアメリカの元政府高官が会う約束があったがキャンセルになった。トランプ政権が発足してからは硬軟両用使い分けている
    。(トランプ氏)は会社経営をしていた人だから、時にはブラフをかけて相手を否定して譲歩を引き出す駆け引き上手な人だとみれば、意外な展開で米朝協議が始まる可能性もあると思う」とコメント。

     武貞氏は「習近平氏が話したポイントは、『北朝鮮を毛嫌いするのではなくて米朝で対話をしてください』ということ。これは北朝鮮の主張そのもの」とコメント。

     北朝鮮にとって重要な行事がある4月15日の太陽節(金日成主席生誕105周年)に何が起こるのか注目が集まっている。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00010011-abema-int

    【【北朝鮮暴発のシナリオ】東京など主要都市に”核”搭載「ノドン」数発を同時発射で死者42万人以上へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: リバースネックブリーカー(東京都) 2017/04/07(金) 21:22:35.22
    金正男氏暗殺事件で暗躍したとされる“スパイ”という存在。
    中国では日本人がたびたびスパイ容疑で逮捕されるという報道を目にする。
    だが、日本で同様の事件が起きると、逮捕ではなく“国外退去”と報じられる。

    つまり無罪なのだ。なぜなのか。

    「海外の民主主義国では、“国民の知る権利”を保障するための情報公開法を整備しているのと同じレベルで、
    国民の安全を保障するために機密保護法を設けています。このふたつの法制により、国家の存立を図っているのです。
    スパイ防止法は機密保護のためで、スパイ活動を取り締まるのは自衛権の行使とされているからです。
    ところが、日本にはスパイ罪がなく、機密保護の法整備も十分になされていないので、同盟国のアメリカからは“スパイ天国”だと危惧されているのです」(危機管理アナリスト)

    そのため、日本の政治家は情報管理に弱いという国際的な常識が定着してしまっている。
    スパイ防止法のない日本に対してアメリカは「最新の軍事情報は日本の政治家に話せない」と蚊帳の外に置いている。
    中国や北朝鮮の脅威が増すなかで、これは重大な問題である。

    「日本にも各国の諜報員が数多く潜伏しており、普通に外交官として働いていたり、企業の社員として勤務していたりします。見ただけでは判別できません。
    北朝鮮の諜報員は、警察用語で“背乗り(はいのり)”と呼ばれる、ほかの国の人物の身分や戸籍を乗っ取る行為で、日本人に成り済まして暮らしています。
    その目的のひとつは、偽札をつくって中国経由でアメリカへ流すことで、実際にも過去に発覚しています」(国際ジャーナリスト)

    金正男氏暗殺事件で暗躍した「スパイ」は日本にもいるのか?
    https://myjitsu.jp/archives/19999

    【日本はスパイ防止法がなくスパイ天国。各国の諜報員が潜伏しており、外交官や企業の社員として働いてる】の続きを読む

    このページのトップヘ